日本酒の新たな楽しみ方

日本酒の新たな楽しみ方

洋酒が解禁されて以来、
日本酒の消費量が落ち込んでいるといわれています。

 

確かに一時はそのような流れがありましたが、
最近ではまた日本酒の魅力が若い人たちを中心に広まりつつあるのです。

 

2016年も、そのブームに衰えは見られません。

 

最近人気を呼んでいる日本酒の特徴は、
口当たりがスッキリ感と飲んだときのまろやかさを両立している点です。

 

以前は、切れ味のある口当たりと淡麗さが求められていました。

 

ビールなどの登場によって、
日本酒はこれまでの違った新たな魅力を開拓し始めたのです。

 

日本酒におけるまろやかさとは、
フルーティーな味わいと言い換えることも出来ます。

 

お米が熟成されたことによって糖分が変化し、
フルーツを食べているかのような甘みを生み出すのです。

 

日本酒の楽しみ方にも変化が見られます。

 

1つの銘柄を好んで飲むというよりも、
色々な銘柄を飲み比べてみたいという人たちが増えたのです。

 

こうした流れを読み取って、
日本酒をお猪口1杯から飲めるように提供している居酒屋も誕生しています。
グレードの高い日本酒でも、お猪口1杯からなら注文しやすいですよね。

 

美味しい日本酒に巡りあうことが出来れば、当然愛飲者も増加するのです。

 

こうした提供方法の変化も、
日本酒ブームの火付け役といって良いでしょう。

 

日本酒を専門に扱うバーや居酒屋を利用すると、
普段はお目にかかれないような珍しいお酒を飲むことが出来ます。
横浜の阿具楽でも
日本酒に合うおつまみや日本酒をベースにしたカクテルなども楽しめるので、
ぜひ1度ご利用ください。