飲んでも太りたくないあなたのために

飲んでも太りたくないあなたのために

20歳以上の方であれば一度は居酒屋での食事会や飲み会、
女子会、合コンなどを経験したことがあると思います。

 

いずれのケースも複数人で集まって主にお酒を飲みながら
食事や会話を楽しむ席なのですが、
こうした集まりは良いことばかりではありません。

 

当然ながら、大勢で一緒に飲食をすること自体は楽しいことなのですが、
楽しいが故につい飲み過ぎたり食べ過ぎたりしてしまい、
「いつの間にこんなに太ったの?」なんてことになってしまいがちなのです。

 

ですが、特に女性の場合には少し体重が増えただけでも大問題ですので、
できれば太らない飲み方をしたいはずです。

 

そこで、以下ではお酒を飲んでも太らないためのポイントを紹介していきます。

 

まず一つ目はおつまみのチョイスです。

 

居酒屋では、ほとんどの方がお酒と一緒におつまみを注文しますが、
このおつまみが太る原因なのです。

 

実は、おつまみの中にはお酒以上に高カロリーのものがいくつもあり、
摂取カロリーが増える原因となっているのです。

 

そこで、このおつまみのカロリーに気を付ける、
つまり低カロリーのおつまみを選ぶ必要があります。

 

具体的には、揚げ物や炒め物等は避け、
刺身や枝豆、冷ややっこ、かまぼこ、もろきゅう、キムチ、酢の物、
焼き鳥(塩)等を選ぶのがおススメです。

 

次に、お酒を飲みながら合わせて水を飲むという点も大切です。

 

どうしても居酒屋ではビールや焼酎といった
比較的カロリーの高い飲み物を注文しがちになります。

 

そして、こうしたお酒を何倍も飲んでいると太りがちになってしまうわけですが、
合間に水を一緒に飲めばこうしたこともいくらか解消されるのです。

 

と言うのも、水を一緒に飲めばその分お酒を飲む量が減り、
その分カロリーの摂取量も抑えられるのです。

 

また、水を飲むことで血液の循環が改善し、アルコールの代謝も促進され、
お酒を飲むことで体内に溜ってしまう余計な水分や老廃物等が排出されるのです。

 

さらに、水を飲むことは二日酔いの予防にも役立ちます。

 

以上の2点を守って、皆さんも太らないお酒の飲み方を実践してみてください。

 

http://www.domestic.jp/